マンチェスター バイ ザ シー

兄の死をきっかけに捨てたはずの故郷に戻ることになった主人公リー。この映画はきっとリーの心が許し許されていく筋だろうと思い込んでいたが綺麗に裏切られた。おかげで大変充実した鑑賞となった。

自分の過失で3人の子供たちが焼け死に、生き残った妻とも別れてしまったリー。その消せない過去を背負って、住めなくなった故郷を捨てボストンで、アパートの住人に使われる便利屋として生きている。まるで自ら懲役を科しているかのように。

そこに突然の兄の死で彼の地下に潜るような生活は変わる。兄の遺書で残された子供の後見人として、故郷に戻れというものだ。兄の計らい。リーもそれを驚きながらも、子供のためを想い暮らし始める。

でも故郷には思い出が多すぎた。別れた妻との再会、兄の元妻との再会、生き残っていた噂。

バーで酔客に殴りかかるシーンは二度ある。最初はボストンで。二度目は故郷で。リーの心が変わっていないことを上手くあらわしている。画の取り方も緊張感、ハリがあってみていて心地よい。2時間見ていても飽きない。前触れ無く切り替わる回想シーンも自然で、リーが追憶の中に生きていることを感じさせた。

兄の埋葬の後、とぼとぼと歩くリーとパトリック。ボストンに戻ることを告げるリー。でも部屋はこれまでのワンルームと違ってパトリックが泊まりに来れる様もう一部屋ある物件を探すという。

故郷に戻って、元家族に再会し、彼ら彼女らが人生を再開させていることを知り、自分も変われるかも知れないと思い出したのかもしれない。

明確な希望は描かれていなかった。それが良い。時が解決するまで、その記憶が小さくなるまでリーは生きていくのだ。

 

わたしは、ダニエル・ブレイク

イギリスはいつの間にか貧しい国になっていた。世界一の福祉国家だったのに。

病にかかってしまうと、仕事を失い、あっという間に転落していくベテラン大工のダニエル。それぞれの父親が異なる二児のシングルマザー、ケイティ。

職安でであった二人が助け合いながら物語りは進む。

職安では融通の利かない、人間味の無い役柄として描かれている公務員たちだけど、彼らの立場に建てば、ダニエルたちは大勢のうちのふたり。それもよくいる二人。悪役として描かれているけど、そこは割り切れない。

フードバンクの係りのおばさんや万引きを見逃したスーパーの店長などイギリス人の優しさはそこここに見えた。行政から零れ落ちた人たちに暖かい手を差し伸べる人はいる。

あまりにも煩雑な行政手続きに根を上げそうになったダニエルに、

正直でまじめな人たちがホームレスになっていくのを何人も見てきた、、、だから申請を続けてとアドバイスを受けるも、三行半をつけて退場する。

 

この作品、バランスの上に成り立っている。

公務員や行政制度を悪役にしないと、物語が成立しないのだ。

しかし彼らもまた、失職の恐怖にある。

スマートで合理的な行政によって人間の尊厳が失われたというのは

ちょっと納得できない。

キングコング: 髑髏島の巨神

科学的根拠とかは置いといて、巨大な怪物たちが暴れまわるという爽快感。

 

ラ・ラ・ランド

冒頭から高速道路上に並んだ色とりどりの車とカラフルな服を着たドライバーたちのダンスから始まる。渋滞のいらだちから晴れ晴れとした空の下で軽やかに踊るさまと楽しい曲が、物語の導入に花を添えている。

1970年代の舞台かなと思ってたらスマホが出てきたので現代だった。

映画女優を目指すミアと自分の店を持ちたいゼフの夢をかなえるまでの物語。

夢見る二人はお互いのその奮闘する姿に惹かれあっていく。

オーディションに何度も落選してもトライするミア、理想とは違う音楽活動を生活の為始めるゼフとの間に徐々に隙間ができる。それを乗り越えようと営業先から戻ってミアの為にサプライズ夕食会を用意するも喧嘩して別れたり。

女優の夢をあきらめて実家に退散したミアを追って、最終オーディションへと連れ出し

そしてついに役を射止める。

すると舞台は暗転し、女優になったミアと店主になったゼフが登場する。

それぞれ夢を叶えられたのだが、それぞれの道を取ったからだろう。

偶然にもゼフの店に入り、初めてであったクリスマスのレストランでの流しで聴いた曲を披露される。二人は一瞬にしてその時に戻り、走馬灯は巡るが

全てを捨てて駆け出したりはなく、そっと終わる。一つの青春の終わりを美しく描いた。

沈黙

日本人でないスコセッシ監督だから、より深い面白味が出たのではないか。

日本人とヨーロッパ人の宗教観、人生観の差異を際立たせられたと思う。

ロドリゴ神父と日本人として暮らすフェレイラ新婦の対話でも、日本人たちは

棄教で踏み絵を踏むのではなくロドリゴ神父を生かす為に踏むのだ、日本人は

自然の中から神性を見出しているとか、日本人がキリスト教を理解というか、

体得できないことを平坦な語りで語るのだ。この点、遠藤周作のほかの小説でも

見られるところだ。

演技でいえばイッセー小形の井上守だ。最初の登場では緊張感漂う尋問の

シーンでもにやにやと笑みを浮かべ、足元の泥が裾につかないよう小刻みに

自転するなどサイコパスな雰囲気を漂わせていたが、物語が進むにつれ

インテリジェンスぶりが見えてきて印象が変わっていく。通辞役の浅野の

ただ殺されてしまう農民を見ても「ただの農民ではないか」とか

「神父たちは)日本のことを理解しようともせずキリスト教を押し付ける」など

キリシタン弾圧者たちにも理があることを見せてくれ、ロドリゴ神父たちは

自分の正義(信仰)の根拠が揺らいでいく。おかげで物語が深みを増す。

日本人が小説に書いてアメリカ人が映像化することで物語の核心が

明確になったと思う。

14の夜

1987年のとある田舎町で悶々とする中学生のある一日を描いた佳作。

ファミコン、ビーバップ、ボムなど当時の懐かしいアイコンがちりばめられているのだが、観客に対してはあったあったのノスタルジーを抱かせるだけでなく

少年から大人への成長譚として普遍性を描けていた。

主人公タカシが隠していたエロビデオを謹慎中の父親が見ていたところに遭遇するも

暴走する父親に嫌気がさして飛び出した夜の冒険を経てそのかっこ悪さを受け止めていく。

少年たちの瑞々しさがはじけていて青臭さが匂ってきそうな

良い作品だった。

 

ラサへの歩き方

聖地ラサへ巡礼のたびの物語。旅は車でもなく徒歩でもなく最敬礼の五体投地。身を投げ出しながら1200キロの道のりを進む。家族だけではなく近所の知人や仕事仲間などを連れ添った一行が聖地まで伸びる一本道をひたすらに五体投地ですすむのだ。

巨大な山々の風景の中、彼らが進む姿は実に小さくはかなく見える。

道中、子供が生まれたり搬送車が追突されて大破するなど無事ではないのだが、起こったことを悔やむのでもなく、一心になって五体投地を続ける。

印象的なのは荷物の積んだホロを自分たちで推し進めて、押し始めたところに戻っては五体投地で進むのだ。効率とか合理的とか自分の常識や知っている世界を一変するような映画だ。

一年をかけてあんな無茶な旅をして一体なんになるのだろう。

本当に世界は広い。

ただ気になったのは濡れた体を拭くために裸姿になった彼らの腹がたるんでいるところだ。アレだけ動けばやせてしまうのではないのか?