読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロメテウス

人類の起源のなぞを・・・という思わせぶりの
キャッチコピーだったが
エイリアンの誕生物語だった。

セットの美しさ、カットの洗練さは目を引いたが
人物描写が薄っぺらい。

CG技術が発達したお陰で
こういう大作に見えるけど大した事ない作品が増えている。

教師と偽ってその職に着いたラザール
教室で自殺した教師の代用教員という嘘だったのだが
混乱の中、なんとなく納まってしまう。

先生の自殺を目の当たりにして心を閉ざしてしまった
生徒たち、そして祖国を追われた傷を持つラザール先生

いずれ、無免許であることは判明し
退去を強いられる。

その去り際、なんといったか。