読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒2

テレビドラマの映画版。
警視庁と警察庁の組織抗争を背景に
振り回される組織人たちの悲哀を描いていた。

軟派な印象を持っていたが意外にハードなできばえに感心。
冒頭の爆破シーンや中華街でのアクションなど
娯楽として欠かせない演出なのだろうが
入れなくてもよかったのでは?

組織人、キャリア・ノンキャリアの処遇、そして
反逆、あながちフィクションで片付けられない
ストーリーであったので楽しめた。

右京の相棒が物足りないのでは?
相棒というほどのポジションではなく
アシスタントに見えた。

冒頭に派手なアクション、その余韻をもって
謎解き、そして意外な結末と
面白い構成。