読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋人たち

今年見てきた作品で、胸倉を使われるような
衝撃を持って鑑賞をした。この心のえぐりよう・・・
驚異的な迫力はマッドマックス 怒りのデスロードなみだ。

物語は三人の人物が抱える絶望と孤独と倦怠によって
語られていく。

アツシは三年前、通り魔により最愛の妻を亡くし絶望のどん底にいる
瞳子は口数の少ない夫と気の合わない姑との暮らしに飽いていた
四之宮は思いを寄せる友人がいるのに結婚後、徐々に気持ちが遠のいていくことに恐れている

一人ひとりの物語だけでも十分に面白い。

絶望のどん底にいるアツシは塞ぎこんでしまい「一時間五万円の弁護士」の費用を捻出するため
給与の前借や保険料の滞納をしてしまう。そんな彼を悪意のない悪意をもった人が
心を切り刻んでしまう。

瞳子はその存在を蔑ろにされている。単調な毎日のなかで唯一の楽しみは
夫との義務的なセックスと雅子様の追っかけビデオの試聴だけだ。

四之宮はどこか高飛車で人を見下す感がある。せっかくの若い恋人に対しても
友達の前で悪く罵り周りが引くほどに小ばかにしてしまう。
退院後、せっかく二人きりになったのにグズグズと文句をたれ
とうとう恋人に三行半をつけられてもまだ憎まれ口を叩かずにはいられない。

アツシと瞳子の描き方は受入れられるのだが
四之宮だけが引っかかりを覚える。
彼は片思いの男に接触を試みるのだが、その疚しい下心を感づいた男の妻が
疎遠になるよう耳打ちしたせいか、男は四之宮を突き放していく。
友達としてビジネスとして、、、いたって普通なことだよを全開にアピールする
四之宮は滑稽でピエロだ。せっかく若い恋人がいるにもかかわらず
彼を愛さず、男への思いを募らせる代替愛とでもいうのか。

三人は怒りや悲しみを頂点に達したときそれぞれに
独白をする。涙をこみ上げて独白するシーンは名シーンだ。

三人それぞれを囲む人々もたまらなく個性的で心の救いでもあった。
アツシにおける黒田、瞳子における藤田、四之宮は片思いの恋人ではなく女子アナ。
張り詰めた心がほぐれた瞬間、他者を受入れられるようになり
新しい一歩へ生活へ進むことができる。

一歩進んでしまうとそれまでの暮らしぶりが急に色あせて見える。
ご祝儀詐欺で捕まったニュースや、ギプスをはずしての最初の一歩や
高速道路の隙間から見えた青空。一歩前に進みだすそれぞれの主人公たちが
か細くも逞しくて、いとおしくなる。

監督は自分が体験したものを脚本にしたり演出にしたのだろうか
作品にはみていて実に生々しく事実は小説よりも奇なり、の奇が沢山ある。