読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛して飲んで歌って

死のふちにある色男を巡る3人の女とその亭主との
会話劇。セットが舞台のような設えで面食らった。
軽妙洒脱なフランスのエスプリと言う事だろうけど
物足りない感じ。

こういった軽演劇はあるよな。

物語が進むたびに色男ジョルジュとのそれぞれの
やり取りが明らかになってきて、三叉かけられていた?
ちょっと薄味かな。