読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連合艦隊司令長官 山本五十六

淡々と、史実を積み上げて言った間のある作風で
まったく、色気も恋もない、いまどき珍しく好感が持てた。

当時の海軍内の派閥、陸軍との関係、政治、マスコミ、世論の
雰囲気が伝わってくる。
特にマスコミの終戦後の描き方はドラスティックに言説を変えているところが
好ましい。極端な言説を書いてはこれで部数が伸びたと喜ぶ様は
なかなかに可笑しい。

ただ、苦悩する人、山本五十六本人だけのように描かれていたのが
気になった。彼はそんなにも聖人なのだろうか。

登場人物に名前を振ったほうがよかったのでは
ないだろうか。