読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100,000年後の安全

フィンランドの岩盤奥深くに掘り進めた
最終核廃棄物処分場。
日本でもどこに作ろうかと、高知県の東洋町が
設置調査に名乗りを上げたがそれだけで袋叩きにあった。

問題はいかにして核廃棄物の半減期を満たす長い期間を
保てるかという話で実は想定できていないという点だ。

いまでも100年前の文章だって
解釈が難しくなってきている。
古代の碑文も然り。

100,000年後の人類が今よりも
賢いかどうかもわからない。

一度全滅して、文明後に生きる人類が
でてくるかもしれない。

そんな彼らに理解でき近づかない開けてはならない
設備かはわかるか?
というのは不安が残る。

設備も老朽化するだろうし、
メンテナンスは必要なのか


100,000年後、という数字が妙に恐ろしい。


映画は面白い。
インタビューもだんだんと深く掘り下げていかれて
担当者たちの本音が聞きだせた。

マッチのあかりも効果的。