読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤高のメス

とある地方都市における医療の現場を描く。
人の生死が仕事であるその現場では
すべてが妥当と倦怠に押し流されていた。

その倦怠を破る、異端児が主人公。
彼の鮮やかなメスが諦めかけていたスタッフを
奮起付ける。

異端児と保守派の対立があって
もう一つの軸として生体肝移植があった。

命の尊さ、、、を訴えるには
題材としてはずれている感じがした。

二時間スペシャルドラマと言った風。

とある地方都市における医療の現場を描く。
人の生死が仕事であるその現場では
すべてが妥当と倦怠に押し流されていた。

その倦怠を破る、異端児が主人公。
彼の鮮やかなメスが諦めかけていたスタッフを
奮起付ける。

異端児と保守派の対立があって
もう一つの軸として生体肝移植があった。

命の尊さ、、、を訴えるには
題材としてはずれている感じがした。

二時間スペシャルドラマと言った風。