読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3時10分、決断のとき

男の友情、という一言では語れない作品だ。
ラスト、撃たれて死んだ乳の敵のために銃を取った
ウィリアムはなぜベンを撃たなかったのだろうか。

いや、なぜ撃とうとしたのだろうか。

彼は見ていたはずだ、YUMA行きの汽車に乗せるために
父と共にベンを連行した道中の出来事を。

ホテルに立てこもっているときの問答が思い出される。
ベンは言った、撃つときは撃つと。


敵対者といえども危険な旅をともに続ければ
不思議な親近感が沸いてくる。友情に似た何かが。
しかしそれは真の友情、信頼にはならないつかの間の幻なのだ。

ダンとベンが死に際の銃撃戦で演じて見せたのは
このつかの間の幻の友情だったのではないか。

ダンは名誉を選んで死んだ。
戦争で惨めな負けをし負傷した足を引きずって。

父を抱き起こす息子の傍らを
列車が過ぎていく。
なんというアングル。美しいラストだった。