読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトラー最後の12日間

ヒトラーの秘書になった女性が見た、ヒトラーの姿。
物語性というのがなく、唐突に話が進んでいくので
ヒトラーとその時代背景を基礎に持っていなければ
話がつかめない。

子供の目線、秘書の目線と話が進んでいくのだが
唐突感が否めない。

ここでこの人の心情を描写されても…と戸惑ってしまう。

ただ、ゲッベルスとその家族の描き方が心に残った。
妻の抑えた表情での演技、子供を毒殺するシーンや
毒殺後にトランプを着る姿など、言いようのない狂気を
かもし出していた。