読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワルキューレ

ヒットラー暗殺作戦の舞台裏を描く作品。
ナチズムは間違っていると思い知った主人公が秘密裏に同志を募り
治安維持作戦「ワルキューレ」を逆手にとって
ヒットラー暗殺、政権打倒を速やかに目指す…のだが。

これ以上戦禍を被るか、自らの命を呈して避けるか
各人が究極の選択を行っていく、そして人の弱さが
その作戦をもろくしていく。

作品としては当時の状況におかれた軍人たちの
苦悩や葛藤が描かれていなかったような気がする。
一番のメーンになりそうなところだが
そそくさと駆け足で過ぎ去ってしまった感がある。

ドイツ語から英語への変換はスムーズで面白かったが。