読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

容疑者Xの献身

名探偵の物理学者が大学の同級生だった数学教師の仕掛けたなぞを解いていく。
堤真一の演ずるやつれた数学教師は新鮮でよかった。
女の諦念のようなものをにじませる松雪もよかった。
福山雅治と芝崎コウによる映画かと思ったが真の主役は前述の二人のようだ。
途中から柴崎コウ役回りの意味が薄れてきた(主人公のガリレオを救えないし)。