読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スカイ・クロラ

heureux302008-08-12

戦争がショーになった世界。
面白い舞台設定。高度に発達した文明社会は全てが制御可能な世界となり
人間は予定通りの人生を送ることになる。
日々淡々と、変わらない毎日を過ごすだけでは狂ってしまうのだろうか。
ここにショートしての殺し合いをサービスすることで平和に生きることのありがたさを実感する。。。

中々に恐ろしい世界観だ。
観た物は否応なく現代社会に生きる若者像を見出すだろう。
希望なく日々を送り続ける生活。自分の生きている実感をどこで見出すのか・・・
スポーツ観戦か、ゲームか、デートか、セックスか。。。

映画は年を取らない子供たち「キルドレ」が人間に代わって戦争を行ってる。
栄光も名誉も感情もなく、生きている実感を戦場に求める。
だが、指揮官でもある水素は戦士を見送る立場にいる。
彼女もキルドレだ。何人もの戦死を見てきている。こんなの耐えられるだろうか。
死ぬまで繰り返される戦争ごっこ。量産される兵士たち。
どうやって希望を持つのだろう。
死ぬことに希望を持つのだろうか。

ラストも待ち人来ずの不幸な終わり方だった。